SECURITY

ダークウェブ - 闇のベールに包まれた漆黒エリアの歩き方

ダークウェブ(Dark Web)の世界へようこそ
ダークウェブ(Dark Web)の世界へようこそ

現在のインターネットは、3つの階層に分かれているといわれています。

3つの階層のうち、最下層は「ダークウェブ」と呼ばれており、簡単にはアクセスできません。

ダークウェブは、いわば「地下のインターネット」。

GoogleやYahoo!Japanなどの検索エンジンを使っても検索できず、ChromeやFirefoxなどのブラウザからもアクセスできません。

本記事では「ダークウェブが誕生した経緯」「ダークウェブの仕組み」「ダークウェブの入り方」を説明します。

実際にダークウェブ上に存在するURLもご紹介しますが、実際のアクセスは、当ページのセキュリティ対策を実施した上で、自己責任でお願いいたします。

ダークウェブとは

ダークウェブとは - The World of Dark Web
ダークウェブとは - The World of Dark Web

我々が普段アクセスしているインターネットは、IPアドレスを使ってお互いを認識しています。

ダークウェブは、匿名性を重視した領域のため、IPアドレスを必要とせずに目的のサーバにアクセスできます。サーバは誰がアクセスしているか分からないし、こちらもサーバがどこにあるのか分かりません。

つまり、「完全匿名」で、ダークウェブ上のサイトへアクセスできるのです。

現在、ダークウェブは大きく3つ存在しており、その中でも一番大きいものはTor(トーア)と呼ばれています。Torは、アメリカ海軍により開発されました。

ダークウェブは「不正が横行し、違法性の高い物を取引する危険な空間」というイメージが定着していますが、Torは「匿名性を維持したまま、情報提供ができる仕組み」として当初は構築されました。

3階層のウェブ:サーフェスウェブ、ディープウェブ、ダークウェブ

インターネットは、よく氷山に例えられます。

誰からでもアクセスできる部分を「サーフェスウェブ(表層ウェブ)」、GoogleやYahoo!Japanの様な検索エンジンにインデックスされない部分を「ディープウェブ(深層ウェブ)」、そして専用のツールを使用しないとアクセスできない「ダークウェブ」に分けられます。

サーフェスウェブ(表層ウェブ)、ディープウェブ(深層ウェブ)、ダークウェブそれぞれを詳しく説明します。

3階層のインターネット:サーフェスウェブ(表層ウェブ)・ディープウェブ(深層ウェブ)・ダークウェブのイメージ図
3階層のインターネット:サーフェスウェブ(表層ウェブ)・ディープウェブ(深層ウェブ)・ダークウェブのイメージ図

サーフェスウェブ(表層ウェブ)

サーフェスウェブ(表層ウェブ)は、インターネット上で「誰でもアクセスできるコンテンツ(Webサイト)」のこと。

サーフェスウェブでアクセスできるWebサイトは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにインデックスされているため、誰でも簡単にアクセスできます。

ディープウェブ(深層ウェブ)

ディープウェブ(深層ウェブ)は、インターネット上で「GoogleやYahoo!などの検索エンジンにインデックスされないコンテンツ(Webサイト)」のこと。

検索エンジンにインデックスされないコンテンツのため、限られた人しかアクセスすることはできません。

例えば、非公開設定にされているFacebookプロフィールやSNSアカウントが、ディープウェブのコンテンツに該当します。Twitterの鍵垢(フォローしている人しか閲覧できないアカウント)も、ディープウェブの一種といえるでしょう。

ダークウェブ

ダークウェブは、インターネット上で「特殊なネットワークで、特殊な技術」を使用してアクセスできるコンテンツ(Webサイト)です。

インターネット上のサーバにアクセスするにはIPアドレスが必要となりますが、ダークウェブ上のサーバにアクセスするには、接続元も接続先のサーバのIPアドレスも必要としません。また、通信内容はすべて暗号化されています。

ダークウェブ誕生の背景

ダークウェブは、1つのネットワークとして構築されています。ダークウェブのネットワークとして有名なものには、2000年頃に誕生したTor(トーア)、Freenet、I2Pの3つがあり、その中でも「Tor」が特に大きなものとなっています。

Tor(トーア)は「U.S. Naval Research Laboratory」(アメリカ海軍調査研究所、NRL)が開発したもので、現在もオープンソースとして開発・研究が続けられています。

Torは「匿名での通信を実現」するために開発され、言論の自由のない国から「匿名性を維持したまま」インターネットへ接続できるサービスとして発展してきました。

Torに関する技術的な仕組みや誕生した背景を更に知りたい方は「Torとは?最強の匿名化ツールを徹底解説」をご確認ください。

ダークウェブにアクセスする理由(ダークウェブの利用用途)

ダークウェブは一般的に、不正行為や違法行為の温床となっているイメージが強いと思われます。

しかし、JETRO/IPA New Yorkの報告書「ダークウェブに関する現状」によると、"Tor 及びダークウェブを利用する理由として最も多かったのは「匿名でいられるから」"。

ダークウェブ利用者の大多数は、匿名でインターネットにアクセスするために利用していることが分かります。

また、同報告書によるとダークウェブ内は「合法的なコンテンツがサイトの半分以上を占めて」いるとあります。

人々がダークウェブにアクセスする理由は、大きく分けると以下3つに分類できます:

  • 検閲を回避してインターネットにアクセス(匿名でのインターネットへのアクセス)
  • 匿名によるメディアへの情報提供
  • 不正行為や違法な商品の売買

それぞれを詳しく説明します。

検閲を回避してインターネットにアクセス(匿名でのインターネットへのアクセス)

中国やロシアなど、言論の自由が統制されている国では、インターネットにアクセスできるコンテンツも制限されています。特に海外メディアやニュースサイトへのアクセスを制限する傾向にあります。

海外メディアの大手は、そういった国にいる人たちのため、ダークウェブ上にサイトを構築して、ニュースを配信しています。大手では、New York Times紙やBBC(英国放送協会)などが、インターネットと同じコンテンツを配信しています。

通常、New York Times紙の情報を閲覧する場合は、サブスクリプション代を支払わないといけませんが、ダークウェブ上では無料で全てのニュースを読むことができます。

また、ニュースメディア以外にも、以下のコンテンツがダークウェブ内に「合法的」に存在します:

  • SNS(Facebook、Twitter等)
  • 電子メールサービス
  • CIAなどへの情報提供用窓口(詳細は次で説明)
  • ダークウェブ上にあるサイト検索
  • 科学論文の無料共有

匿名による情報提供

ダークウェブには、匿名でメディアなどに通報できる仕組みが整っています。

例えば、CIAやSecureDropは、ダークウェブ上で匿名による情報提供を受け付けています。

また、2010年代初めに起きた中東の民主化運動「アラブの春」では、活動家がダークウェブを通じて、連絡を取り合っていたことが知られています。

不正行為や違法な商品の売買

ダークウェブ上では、不正行為や違法な商品の売買が行われることもあります。

こういった取引は、その様な売買行為を可能にするプラットフォーム(ダークウェブ上のAmazon)と仮想通貨による支払いが可能となったことにより、普及しました。

これまでに摘発された大手プラットフォームの中には、Silk Road(シルクロード)、Agora(アゴーラ)、Alphabay(アルファベイ)、ここ数年では、DarkMarket(ダークマーケット)やHydra(ハイドラ)などがあります。

Silk Road(シルクロード) スクリーンショット
Wikipedia Silk Road (marketplace)より引用
Agora ロゴ
Wikipedia Agora (online marketplace)より引用

なお、FBIやインターポールなどにより「取り押さえられたサイト」のトップページには、「差し押さえられた」ことを示す画像が表示されます。以下は、AlphaBayが差し押さえられたことを示すトップページ画像。かっこいいですね。

AlphaBay Shutdown Notice
AlphaBay Shutdown Notice(AlphaBay差し押さえページ)
Wikipedia AlphaBayより引用

Torとダークウェブの仕組み

Tor ロゴ(Tor Projectの公式HPより引用。Image courtesy of Tor Project.)
Tor ロゴ(Tor Projectの公式HPより引用。Image courtesy of Tor Project.)

世界で一番大きいダークウェブは、Torネットワーク上に存在します。

つまり「世界で一番大きいダークウェブの仕組み=Torネットワークの仕組み」 となります。

Torネットワークには、Onion Routing(オニオン・ルーティング)とOnion Services(オニオン・サービス)という2つの機能があり、ダークウェブの実態は後者のオニオン・サービスとなります:

  • Onion Routing(オニオン・ルーティング)
    Torネットワークを経由してインターネット上のWebサイトにアクセス
  • Onion Services(オニオン・サービス) ※旧Hidden Services
    Torネットワーク内のWebサイトにアクセス。Torネットワーク内のWebサイト(=ダークウェブ)のURLはすべて末尾に「.onion」を持ちます。

ここでは、Torネットワークとダークウェブの関係について、更に詳しく説明します。

Torネットワークとダークウェブの関係

ダークウェブは、Torネットワークが提供するオニオン・サービス機能を利用して構築されています。オニオン・サービスは、「Torネットワークを介してアクセスできるサービス(Webサイト)」です。このWebサイトの集合体をダークウェブと呼んでいます。

Torネットワーク内に構築されている限り、通常のブラウザからはアクセスできず、GoogleやYahoo!Japanといった検索エンジンからたどり着くこともできません。

オニオン・サービスの詳細を知りたい方は「Torとは?最強の匿名化ツールを徹底解説」をご確認ください。

TorネットワークとTorブラウザ(オニオンブラウザ)

Torネットワークには、オニオン・ルーティングとオニオン・サービスの2機能があると説明しました。

この2つの機能を通してWebサイトにアクセスするためには、Torブラウザ(別名:オニオンブラウザ)かVPNソフトウェアが必要となります。

Torブラウザは、Firefoxベースのブラウザで、オープンソースにより開発されています。

Torブラウザに関する詳細は「匿名性重視の「Torブラウザ」:ダウンロード~使い方まで」をご確認ください。

VPNソフトウェアを使用すれば、お好みのブラウザでTorネットワークへ接続できる様になります。詳細は「Tor Over VPNの衝撃!反則技Tor + VPNの仕組みと使い方を詳解」をご確認ください。

ダークウェブへの入り方

entrance to darkweb
entrance to dark web

ダークウェブは、アクセスするサイトを選べば危ないことはありません。しかし、その一方で、悪意のあるサイトがあることも事実です。十分な知識がない状態でのアクセスはオススメしません。

有名なダークウェブは、Tor(トーア)、Freenet、I2Pのネットワークで、それぞれのネットワーク内にダークウェブが構築されています。

ここでは、その中でも最も大きいTorネットワーク内にある「ダークウェブへの入り方」を説明します。

以降は、無料のTorブラウザを使用する前提です。
VPNソフトウェアを使用すると、ChromeやFirefoxといった通常のブラウザからもダークウェブへアクセスできる様になります。気になる方は「Tor Over VPNの衝撃!反則技Tor + VPNの仕組みと使い方を詳解」をご確認ください。

1.Torブラウザをダウンロード

Tor公式サイトより、Torブラウザをダウンロードします。日本語のサイトであっても、Tor公式サイト以外からのダウンロードは絶対にやめましょう(ウィルスなどが埋め込まれている可能性があるため)。

2.検索エンジンの設定

ダークウェブを検索できる様に「DuckDuckGoOnion」を既定の検索エンジンとして設定します。

検索エンジンの設定をしなくても、後述するOnion URLから直接ダークウェブのサイトへアクセスできます。

3.セキュリティ対策の強化

New York TimesやFacebookなど、ダークウェブ内でも有名なサイトにアクセスする場合でも、セキュリティ対策は万全に。

具体的な対策としては「アンチウィルスソフトウェアの導入」です。

ダークウェブのサイトの中には、こちらのPCをウィルスに感染させようとするものがあります。少しでもウィルスの感染を防ぐため、アンチウィルスソフトウェアの導入をオススメします。オススメは、ダークウェブモニタリング機能もついた「定番のセキュリティソフト ノートン 360 」です。

ノートン 360の「ダークウェブモニタリング」機能については「ノートン ダークウェブモニタリングがないとヤバい件」をご確認ください。

また、ちゃんと設定ができているか不安な方は「匿名性重視の「Torブラウザ」:ダウンロード~使い方まで」にTorブラウザの設定手順を詳しく記載していますので、こちらをご確認ください。

4.ダークウェブへアクセス

Torブラウザを設定した後は、ダークウェブへアクセスしましょう。

DuckDuckGoOnionからダークウェブ上のサイト(末尾が.onionのサイト)を検索するか、安全なダークウェブ上のサイトのURLを入力してアクセスしましょう。

2021年10月に、Torネットワークは、オニオン・サービス バージョン2からバージョン3へと完全移行しました。

これにより、v2で使用していたOnion URLが全て変更されています。

本サイトに記載しているOnion URLは全て、オニオン・サービス バージョン3となっていますので、問題なくTorブラウザから接続できます。

もし、Onion URLにアクセスできない場合は、オニオン・サービス バージョン2のURLになっていないかご確認ください。短いURLはバージョン2、長いURLはバージョン3と覚えておけば間違いありません。

比較的安全なダークウェブ上のサイトを以下に示します:

  • CIA
    http://ciadotgov4sjwlzihbbgxnqg3xiyrg7so2r2o3lt5wz5ypk4sxyjstad.onion/
  • Facebook
    https://facebookwkhpilnemxj7asaniu7vnjjbiltxjqhye3mhbshg7kx5tfyd.onion/
  • Twitter
    https://twitter3e4tixl4xyajtrzo62zg5vztmjuricljdp2c5kshju4avyoid.onion/
  • New York Times
    https://www.nytimesn7cgmftshazwhfgzm37qxb44r64ytbb2dj3x62d2lljsciiyd.onion/
  • BBC
    https://www.bbcweb3hytmzhn5d532owbu6oqadra5z3ar726vq5kgwwn6aucdccrad.onion/
  • SecureDrop
    http://sdolvtfhatvsysc6l34d65ymdwxcujausv7k5jk4cy5ttzhjoi6fzvyd.onion/
  • The Hidden Wiki
    ダークウェブ上のサイト一覧が載っています。危険なサイトもあるので、アクセスする時は自己責任でお願いいたします。
    http://s4k4ceiapwwgcm3mkb6e4diqecpo7kvdnfr5gg7sph7jjppqkvwwqtyd.onion/
  • DuckDuckGo
    検索エンジンです。
    https://duckduckgogg42xjoc72x3sjasowoarfbgcmvfimaftt6twagswzczad.onion/
  • Torch
    検索エンジンです。
    http://torchdeedp3i2jigzjdmfpn5ttjhthh5wbmda2rr3jvqjg5p77c54dqd.onion/
  • Proton Mail
    匿名で利用できるメールサービスです。
    https://protonmailrmez3lotccipshtkleegetolb73fuirgj7r4o4vfu7ozyd.onion/

5.ウィルススキャン

ダークウェブへアクセスした後は、インストールしているアンチウィルスソフトウェアで、一通り使用したパソコンをスキャンしましょう。

もしウィルスやランサムウェアが入っている状態で再起動をすると、パソコンが起動しなくなったり、身代金を求められる場合もあります。

ダークウェブの利用目的

ダークウェブの利用目的
ダークウェブの利用目的

人々は、なぜダークウェブを検索し、利用するのでしょうか。

ここでは、人々が「ダークウェブを検索する理由」、「ダークウェブを利用する理由」を説明します。

ダークウェブを検索する理由:ダークウェブへのアクセス方法を探している

インターネットユーザがダークウェブを検索する主な理由は、ダークウェブへアクセスする方法を探すためです。

VPNプロバイダ NordVPN社が、Googleの検索に使用されるクエリ(文字列)を調べたところ、ダークウェブ関連の検索クエリのうち、49%はダークウェブへ入る方法を探すためのものでした。

また、50.2%は、ダークウェブの理解を深めるためのものでした。

国別にみると、ブラジルでは、74.5%のユーザがダークウェブへのアクセス方法を調べていました。

なんと、個人情報や違法なものを入手する目的のクエリは、1%もありませんでした。

上記から、ダークウェブを検索している人は、主に「ダークウェブへアクセスする方法を調べている」ことが分かります。

ダークウェブを利用する目的

前述の通り、JETRO/IPA New Yorkの報告書「ダークウェブに関する現状」によると、"Tor 及びダークウェブを利用する理由として最も多かったのは「匿名でいられるから」"です。

PreciseSecurity.comによると「ダークウェブはアメリカからのユーザが一番多く、インターネットを利用するアメリカ人の30%以上が日常的に使用している」ことが分かっています。この統計は2019年時点のものであるため、現在は更に高くなっていると考えられます。

この統計でも、ダークウェブを利用する主な目的としては「匿名性」、「プライバシー」となっています。

ダークウェブの今後

The Future of Dark Web - ダークウェブの今後の発展予想

ダークウェブには、その匿名性を活かして、違法性の高い物を販売しているサイトが存在します。

そういったサイトは、Onion URLさえ分かれば簡単にアクセスできます。最近では、国際的な包囲網ができつつあり、欧米各国が連携して、ダークウェブサイトのサーバを差し押さえにいっています。

今後は、そういったリスクを抑えるため、以下の様なサイトがダークウェブ上に増える可能性があります:

  • サブスク購入者のみアクセス可
  • パスワードによるアクセス制限
  • アクセス元を限定(特定のノードからのアクセスのみを許可)

また、インターネット中心の世界へと移行するにつれ、クレジットカード情報などの「売れば儲かる情報」は、ダークウェブへとたどり着くことが多くなるでしょう。

2022年6月に、尼崎市の全市民データが入ったUSBが紛失され、後に発見された事件では、ダークウェブへデータが流出していないか確認する騒ぎになっています。

流出したデータがダークウェブへとたどり着く様になるのは、そう遠くない未来かもしれません。

ダークウェブへのデータ流出やパソコンを守れる「定番のセキュリティソフト ノートン 360 」は、入れておいても損はしないでしょう。

一方で、ダークウェブは人々が望む「匿名性での活動」が得られる最後の場所となりつつあります。今後は「誰でも」「気軽に」「匿名で」活動できる様な場に、ダークウェブが発展する可能性もあります。

いずれにせよ、日々活発に開発が進むダークウェブは、今後も進化していくことは間違いないでしょう。

以上です。

-SECURITY